世界のヘリタゲ

世界遺産検定マイスターのヘリタゲが世界遺産、世界遺産検定について色々な情報を発信します。

【2017年5月】世界遺産関連のニュースまとめ

スポンサーリンク

【2017年5月】世界遺産関連のニュースまとめ

f:id:worldheritage0810:20170601231855j:plain

先月から始まりました、世界遺産関連ニュース5月号です。

今月も宗像・沖ノ島の関連遺産群の登録勧告の話など、話が盛り沢山です。

 

 

では、5月のニュースにいきましょう。

 なお、ニュースは私のツィッターから引用しています。

 

世界のヘリタゲ (@worldnoheritage) | Twitter

 

 

2017年5月の世界遺産ニュース

 

○ 「宗像・沖ノ島」世界遺産に登録勧告 8件中4件は除外-日本経済新聞

 

○ 沖ノ島世界遺産勧告 「全資産登録へ全力-西日本新聞

 

○ 沖ノ島世界遺産 一括登録で価値伝えたい-西日本新聞

 

○ 授業に世界遺産検定を活用-中日新聞

 

○ 吉野ケ里遺跡を世界遺産へ 市民会結-佐賀新聞

 

○ 世界遺産登録 3度目の挑戦へ全力 新潟で佐渡金銀山県民会議-新潟日報

 

○ 「神宿る島」で一括登録目指す方針確認-毎日新聞

 

○ 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録、京都の研究者ら課題指摘-京都新聞

 

○ 「阿蘇を世界遺産に」暫定リスト入り目指す 県と市町村が推進協総-西日本新聞

 

※リンク切れなどが発生している場合もありますが、予めご了承ください。

 

今回は大きく3つのトピックスに大別できそうです。

 

まずは、何よりこれ!

① 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群、一部登録勧告

 

t.co

 文化庁は5日、世界文化遺産への登録を目指す古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が登録を求める勧告をしたと発表した。構成資産の半分の4件を除くことが条件。7月の世界遺産委員会で登録が正式に決まる見通し。登録されれば国内では5年連続、21件目の世界遺産となる。

 

何度もこのブログで紹介していますが、宗像・沖ノ島の関連遺産群はICOMOSより登録勧告を受けましたが、それは一部のみで沖ノ島の部分だけとなりました。

 

ニュースでも話題になりましたが、そのほかの除外すべきとされた構成資産はどうするのかが焦点となっていました。

t.co

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)が、政府が世界文化遺産に推薦した福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産8件のうち4件を登録から除外するよう勧告したことを受け、構成資産を抱える同県知事と宗像、福津両市長、宗像大社の宮司が15日、県庁で会談し、国と連携し4件も含めた登録を目指す方針を確認した。

 

最終的には、最後まですべてを登録させるよう働きかけていくということで決定されたようです。

この最終結果は今年7月2日~12日に開催される第41回世界遺産委員会で決定されます。

 

 

② 2019年に世界文化遺産登録を目指す、3つの国内推薦候補

 

百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録、京都の研究者ら課題指摘 : 京都新聞

世界遺産登録 3度目の挑戦へ全力|新潟日報モア

 

2019年度世界文化遺産登録を狙うため、今年7月の文化審議会で推薦候補が以下3つから選ばれます。各資産の本気度がうかがえるニュースがありました。

 

・「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)

・「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟)

・「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)

 

 

③ 暫定リスト入りを目指す物件

t.co

 

t.co

 

各資産とも②で紹介した推薦候補になるための前段階である「暫定リスト」入りを目指して、動き出した模様です。

 

私は、Googleアラートを用いて毎日世界遺産情報をチェックしています。

世界遺産の記事は毎日とは言いませんが、面白い記事が出てきていて、これから7月の世界遺産委員会も近づいていくことですし、びっくりするようなニュースが飛び込んでくるかもしれませんね。

 

6月の世界遺産ニュースも乞うご期待!